2年ほど前に内職を経験しました。
きっかけは妊娠をしたことでした。
妊娠中もしばらく仕事を続けていましたが、無理をしすぎて切迫早産で自宅安静するように言われ、それまで働いていた仕事を退職しました。
里帰り出産のため、実家に早急に帰り、実家では家事は母がほとんどやってくれした。
それまで仕事もバリバリしながら家事もこなしていたため、急にやることがなくなってしまい、暇に耐えられなくなりました。
そして退屈しのぎの内職をしてみようと考えました。

ちょうど実家の母の知り合いが内職を紹介してくれるとのことだったので、知り合いの伝でチャレンジしてみました。
内職の内容はおつまみなどのイカを串に刺していくという内容です。
単価は1本2円です。

具体的な作業としては既に加工されたイカを決められたグラム数に切り、1本1本串に刺していくという流れです。
刺し方がきっちりと決められており、慣れるまでは1本1本大変でした。
そして既に加工されたイカはかたく、刺している途中で串が折れてしまったり、イカ自体が裂けてしまうことも多々ありました。
そうすると商品としてはNGになってしまうため、1本1本丁寧にやらなければなりませんでした。
テレビを観たり、家事を手伝いながらやっていたのでそれでだいたい月々35,000円前後稼ぐことができました。
時給に換算すると1時間320円程度です。

仕事をしていて大変だったことはイカがおつまみ用の珍味のイカなのでニオイがきつかったのと、イカが非常にかたかったため、串に刺していると手が痛くなってきたり、むくんでしまうところです。

面白さとしては作業に慣れてくるとイカを刺すペースが上がっていくので1日に刺せる数が増えてくることです。
あとは家で出来る仕事なのでテレビやDVDなどを観たり、音楽を聴いたりと自分の好きな環境で仕事が出来るという点が非常に楽でした。

この仕事のコツはとにかく数をこなして慣れていくことです。
あとイカが非常にかたいのでなるべく乾燥した環境での作業を避けるようにし、ある程度の室温や加湿器などで湿気を保つことです。

この仕事を他人におすすめ出来るかと言えばおすすめする人の性格にもよるかなと思います。
地味に同じ作業をコツコツ出来る人であればとてもおすすめです。
あとテレビを観ながらであったり、何かをやりながら仕事をしたいという方にもおすすめです。
また珍味臭さが苦手なニオイに敏感な人であればあまりおすすめ出来ません。
そしてある程度几帳面でないとこの仕事は難しいかもしれません。
>>内職体験談集および内職の概要ページへ戻る
スポンサーリンク