平日1日5時間のパートをしていたのですが、夫が病気で仕事を解雇され失業状態になりました。子ども二人はまだ小学生。私のパート代と失業手当だけでは食べていけず、もう一つパートを探すには子供を留守番させなくてはならず悩んでいました。

アルバイト情報を見ていたところ内職募集の情報を見つけました。「自分のペースで出来高制」と書いてあったのでこれならできそうと思い早速電話しました。事務所に受け取りに行くと、それはゴムを結ぶ内職でした。ただ結ぶだけといっても結んだ先の長さを均一にしなくてはならず見た目のきれいさ、丁寧さも重要です。1本結んで単価は0.5円。最初は500本のみ渡され、1週間以内に納品してほしいとのことでした。

楽勝だと思って始めたものの細かい作業は肩も懲り、老眼気味の目には見えづらく、指先を酷使するので指の関節も痛くなってきました。このまま続けたら腱鞘炎になるのではと思いながらも500本のノルマを達成し納品しました。最初は1分に1本か2本結ぶのがやっと。できたゴムを数え袋詰めする時間も換算すると時給70~80円にもなりません。事務所は自宅から車で20分ほどかかったのでガソリン代を考えるとマイナスになるくらいです。

最初の一回でこれは割に合わないと悟ったのですが一度やり始めたことを投げ出すのも悔しく、「きっと慣れてくればもっと早くスムーズにできるんだ」と信じ、2回目は2000本受け取ってきました。ところが幾分かはスピードは速くなったものの時給に換算しても100円前後。やはりガソリン代にもなりません。お給料は毎月月末締めだったので、一度お給料もらうまでは頑張ろうと週に一度納品しては内職を受け取ることを繰り返していました。家族や友人にも「それはやめたほうがいいよ」と言われ、逆にムキになってやっていたところもあります。

事務所ではほかの内職の人と会うこともありましたが、みんなはいくらぐらい稼いでいるのか、もっと他に割の良い仕事があるのではないかとかいろいろ考えたりもしました。ただ、この内職の良いところは自宅でできるので人間関係など余計なことで悩む必要がないこと。特に頭を使う必要もないのでテレビを見ながらや、子どもの話し相手をしながら、ながら仕事で行うことができることです。何もすることがなくぼーっとテレビを眺めている時間が多い人であれば、その時間を有効に使うことができるのでわずかでも収入になるのは良いことだと思います。

とにかく効率よく内職をするには慣れることしかありません。内職の部品は売り物なのでゴミが入るといけません。掃除をした後、スムーズに仕事を行えるように要領よく順序を考えると効率よく進むと思います。ゴム結びは部品が小さいのでかさばらず、箱作りなどと違って部屋を占領することもないのがよいところです。何もすることがなく、時間を持て余している方ならやってみる価値はあると思います。
>>内職体験談集および内職の概要ページへ戻る
スポンサーリンク