短時間で稼げる人気の副業

テッシュ配りに関しては、配っているテッシュを貰った経験のある人がほとんどでしょうし、説明することもないと思います。
駅前などの人通りの多いところで、広告入りのテッシュを配る仕事ですね。

求人は比較的豊富にありますし、短時間で働けるので、副業にも向いていると思います。

  • どこで仕事を見つけるのか?
  • 求人雑誌で見つけるか、フルキャストのような派遣会社に登録して仕事をもらいます。
    「テッシュ配り バイト 大田区」
    などでネット検索すると見つかると思います。

  • どれぐらい稼げるのか?
  • テッシュ配りの仕事は比較的高時給の場合が多く、時給千円程度の求人が多いです。
    真面目にやれば月数万円ぐらいの収入になります。

  • 難易度は?
  • 仕事は簡単な部類に入ると思いますが、テッシュを受け取ってもらうテクニックを磨いていく必要があります。
    ノルマのある仕事もあるので、精神的にはやや負担が大きいと言えます。




楽しくやれたテッシュ配りの仕事(東京/20代)

会社のチラシの入ったティッシュを配るという仕事に応募し働かせていただくことになりました。
応募は地域の求人雑誌から応募し割と簡単に雇ってくれるという感じでした。主には派遣会社に多いようで時給はだいたい1000円以上と高めの設定になっていました。

ティッシュ配りを選んだのは一人で出来て気軽という理由ともう一つの決め手はやはり高時給だったということがこの仕事を選んだ最大の理由です。

私が配る事になった地域は割と人が多い都心でした。人が多いのでだいたい一回に人に渡すティッシュは2個づつ。一日のノルマはだいたい一人600個以上でした。道行く人に会社の名前を言いながらティッシュを配ります。町中でしかも通勤途中の人が多いのでだいたいは受け取ってもらえずスルーされるという状態です。

最初はティッシュを渡しても渡しても受け取ってもらえないので段々悲しくなってきたのを覚えています。ですが慣れてくるとだいたいのコツが掴めるようになります。どういう人が貰ってくれるのか、どういう人が必要としているのかが解ってきます。会社の名前を言わないといけないという場所もありますが、ただ配ればいいという会社もあります。どちらかというと何も言わず、「ティッシュですお使いください」という方が街の人は貰ってくださいます。

ティッシュをもらってくれる人が増えると不思議とこの仕事も楽しく思えてきます。ティッシュを配る事→貰ってもらえるということが一種のゲーム感覚に思えて楽しくなっていきました。楽しくなってくると余裕ができるのか観察力が身についてきます。

ティッシュ配りのポイントは年配の方や子供連れの人達です。中には沢山欲しいとバックを広げてくる人もいらっしゃいます。中には何回も貰いに来る方もいらっしゃいます。気さくな人に関しては話しかけてきてくださる人もいます。ティッシュ配りは一人で仕事ができるので他のスタッフに気を使うことがないので、一人で行動したい人や自分のペースでやりたい人にお勧めです。コミュニケーション能力がなくてもティッシュを配るだけなのでこういった方にも向いていると思います。

ですが、気を付けておきたいのがノルマです。ノルマをクリアできないと時給の方にも響いてくるもしくは、減点されてしまうので、ノルマをクリアすることが必要になります。なので一人で自分のペースを守りつつコツコツ出来る方の方が向いていると思います。

お手軽なお小遣い稼ぎです(福岡県/30代)

わたしは30代の主婦です。現在は主には看護師としてパート、アルバイトをしていますが、週に一度ほどしか働いていないので収入は十分ではありません。
そのため、副業としてティッシュ配りやチラシ配りのアルバイトをしています。あくまで主にしている仕事があるので不定期で、時間に余裕があるときだけ、副業をするという仕事です。
ティッシュ配りときくとノルマを到達しないとお給料がでないなど想像していましたが、私が行っているティッシュ配りは、派遣会社を通して紹介をうけているものなので、ノルマなどはありません。
しかし、一時間おおよそこの位配るように、といった大まかな振り分けをされて配るティッシュが分けられています。

慣れている人やベテランさんになると平均で配る個数の倍の量を同じ時間で配ることができる人もいるので、コツをつかめばまた変わってくるのかもしれません。
お給料としては、時給にすると850円くらいなので、私は4時間から5時間ほどをしていますので、4000円から5000円の収入となります。

ノルマなどもなく、単発のアルバイトとして行っているので手軽にお小遣い稼ぎになるのはとてもおすすめです。
あまりおすすめできない点としては、暑さや寒さ、天気に関係なく、ミニスカートなどの露出多めな決められたユニフォームで長時間過ごすという大変さがあります。そのため体調管理はとても大切になってきます。

また、もう30代の主婦とはいってもミニスカートなどのユニフォームをきているからか、変な人に声をかけられたり、セクハラのようなことをされるなどの不愉快な思いをすることもあります。また、配ったティッシュを受け取ってから目の前でポイ捨てされたり、投げつけられたり、迷惑そうに文句を言ったり暴言を吐いて行く人など、考えられないような嫌なことや失礼なこと、無礼なことをしていく人もいます。そういうときはかなり落ち込んだり悲しい気分になります。また、配るのは大体人混みや人通りの多いところなので、知り合いや昔の友達にあったりするのもすごくストレスを感じたりもします。

私は神経質でいろいろ気にする性格でもあるため、これらのことにイライラしたりストレスに感じてしまうこともかなりありますが、とにかく無になって淡々と配るだけといえばそれだけの単純作業ではありますので、向いている人にはいいアルバイト、副業だと思います。声が大きかったり笑顔がステキな人には向いていると思います。

ティッシュ配りは苦痛じゃない(神奈川県/女性)

ティッシュ配りの副業をしたことがあります。パートとして工場で勤務していましたが、犬が病気になってしまってパートの給料だけでは治療費を払えるか怪しいところだったので少しだけお金を増やすためにティッシュ配りのアルバイトの求人へ応募しました。

時給は千円とほんの少しお高めでしたが早朝の二時間だけでしたし、毎日の勤務ではなく週に三日程だったので月のお給料は二万円程度でした。

メリットとしては早朝なのでお仕事を終えてからそのままパートに行くことができるので一度家に帰る手間がなくて楽でしたし、たった二時間のお仕事なので特にストレスを感じなかったことです。

デメリットとしては朝早いので早起きしなければならないのが少々辛かったです。寒かろうと暑かろうと屋外でティッシュを配るので、体調管理には気をつけなければならないことも大変でした。

けれどティッシュ配りは簡単なので誰にでもできる楽なお仕事ですし、ティッシュをもらってくださった方からお礼を言われることもあるので働いていて楽しいです。職場によるのかもしれませんが私が働いていたところは監視されていなかったので自分のペースで働くことができていました。だからこそ続けられたような気がします。

ただ、ノルマがあったのは日によって困りました。私が働いていたところは良い人達ばかりでしたのであまり厳しいノルマは課せられませんでしたが、それでもざっくりとこのぐらいは配ってほしいとは言われていました。
そして配布する場所は決められていてこじんまりした駅だったので日によっては思うように配れなかったこともあります。配りきれなかったことを報告するのは辛かったです。

コツはとにかく明るく笑顔で渡すことです。たまに迷惑がられることもありますがティッシュは持っていて困るようなものでもないですし快くもらってくださる方が多かったです。慣れてくると今日の夕飯はどうしようか等を考えつつ配ることができるようになります。そうしているとあっという間に時間は過ぎていくので、副業をしているけれどそこまで大変に思えなくなります。

ティッシュ配りは今よりもう少しお金を稼ぎたい時に大変おすすめです。短い時間であれば屋外での作業もそれほど苦痛ではありませんし、そこそこ時給は高いですし、技術もいらずマイペースに働けるという良い事づくしなので副業にはぴったりだと思います。本業では頑張って稼いで、副業では少し肩の力を抜いて稼ぎたいと思っている方に特にオススメできるお仕事です。