きっかけは「内職募集」というチラシを見たことがきっかけでした。
具体的には、フルーツキャップ(果物に被せる発泡ポリエチレン製の緩衝材)を束ねる作業でした。

内職の経験がありませんが、前々から興味がありました。
私は現在、祖母の介護をしているので仕事をしていません。
なので、自宅でできる内職だったら、空いた時間にできるかなと思いました。
チラシに説明会の日にちが記載してあったので、実際に行って説明を聞いてから内職をやるかやらないか決めようと思っていました。
説明会に行ってみて、やり方の指導を受けて、自分でもできそうだったのでやってみることにしました。

フルーツキャップを、専用の袋に入れていく作業です。
5つのフルーツキャップを専用のゴムで束ねて、袋に詰めます。
1袋に対して500枚のフルーツキャップを詰めていきます。
1袋出来上がると、会社に出来上がったことを電話で報告します。
そして提出して、またフルーツキャップを受け取っていくという流れです。

一番注意しなきゃいけない点は、フルーツキャップに髪の毛やゴミを付着させないことです。
出来上がった物を会社に提出するときに、フルーツキャップに髪の毛やゴミが付着していた場合は、1つにつき、20円の減給をすると聞きました。
社長は、「実際にやってみて無理だと感じたら辞めてもいいです。」と説明時に言っていたので、私は内職をやっていけるか少し不安になりました。

家に帰って実際にやってみると、気が遠くなるような作業でした。
作業をしていると、床に白い粉のようなものが散らばってしまいます。
その白い粉とは、フルーツキャップに付着している粉です。
気が付くと、自分の服にも付着していることがあります。
ですので、作業をするときは必ず床に新聞紙を何枚も広げて敷いていました。

また、フルーツキャップの数が500枚以上もあるので、想像以上に場所をとります。
そして、給料日の日に初めてお給料を受けとった金額が、4,500円でした。
計算してみると、1袋に対して250円ほどです。
「まぁこんなものだろうな」と、思いました。

私は内職を、無理に毎日しようとは思っていないので、給料に不満はありません。
ノルマがあるわけではないという点と、自分の都合のいい時間に自宅で作業ができるので、自分には合っているのかなと感じています。
現在、内職を始めて3ヶ月になりますが、作業に慣れてきたので、以前よりもペースが上がったことを実感しています。
最近は自分の好きな音楽を聴きながら作業をしていて、気が楽です。
私はフルーツキャップの内職が気に入っていますが、稼ぎたいという人にはオススメできません。
>>内職体験談集および内職の概要ページへ戻る
スポンサーリンク