私は定年退職をしまして、しばらくは失業保険で暮らしていました。
体も悪いところはありませんでしたから、何処かで働きたいと思っていました。さっそくハローワークで探しました。
ある人形販売の店で出荷の仕事をする事になりました。大きいものから小さいものまで、ガラスケースもあります。丁寧に扱わないと人形ですから壊れてしまいます。神経と体力は使いました。

そんな時、出荷の仕事が途切れた時に、木目込み人形のキットの布カットの仕事を覚えました。その仕事を家でやらせて貰えないかと会社に頼みました。了解が得られましたので、内職としてする事にしました。
木目込み人形のキットは、人形のボディーに溝が掘られていて、その溝にそって布を貼りつけるというか着せるというか、いろいろなパーツに型紙を見ながら布を着せて人形を完成させます。

布は型紙の通りにいろいろな形にカットします。色も生地もみんな違います。それらをセットして完成写真を入れてビニールの袋に入れて出来上がりです。
1セットは200円です。作業が上手くなれば単価は上がります。製作が難しい人形も単価はいいです。その月によって違いますが、8万円から15万円になります。頑張れば20万円は超えます。

時給にすると1000円から2000円です。自分のセット作業の腕によってかなり稼ぎは違ってきます。
一番大切な事は、仕上がりが綺麗な事、手先が器用で鋏が上手く使える事、作業のスピードも必要です。
この木目込み人形を買うお客さんは、お年を召したご婦人が多いです。ですから、布のカットは作る人の身になって丁寧に切らなければなりません。ただ単に型紙と同じでは駄目なのです。お年寄りでも作れるように切ることです。少し大きめに切る事も必要です。
布を直線で切るのはかなりの技術が必要です。いい加減な切り方をすると布は曲がって歪んだものになってしまいます。これでは失敗です。
根気が必要な仕事ですから、適度の休憩も取るようにしましょう。
長時間の作業は難しい仕事ですから、集中力が基本だと思います。
作業中に気が散ったりしたら、必ず失敗します。そのために休憩と綺麗で可愛らしい人形の完成した姿を頭に浮かべて作業します。そうすれば楽しい時間を過ごせます。いろいろな綺麗な布に囲まれた仕事場はいいものですよ。

型紙によってはかなり大きな布を切ることもあります。逆にすごく小さいものもあります。間違わないように落ち着いて精神の統一を求められます。
手先が器用で、座ってやる仕事ですから、そそっかしい人には向いていないと思います。几帳面で真面目で、仕事中に雑念があまりない人には最高の内職だと思います。
仕事場が日本的で綺麗ですから、心が落ち着きます。
お年を召した方にもお勧めします。
>>内職体験談集および内職の概要ページへ戻る
スポンサーリンク