社会人にもオススメな副業


家庭教師というと大学生のバイトのイメージがありますが、案外社会人でもやっている人が多い副業です。

  • どこで仕事を見つけるか?
  • 口コミや人脈で仕事を見つける人も多いですが、そういうツテのない人は家庭教師を斡旋している業者に登録するとよいでしょう。

  • どれぐらい稼げるのか?
  • 時給は千円から5千円程度とピンきりですが、概ね高時給の仕事と言えます。

  • 難易度は?
  • 勉強が出来て、人に教える事が得意な人限定の仕事です。
    誰にでもできる仕事ではありません。




非常に割のいい家庭教師の副業(40代/男性)

大学時代に塾講師をしていたという話が近所で広まり、たまに近所の中学生に勉強を教えていたのですがどうせなら有料でいいからきちんと教えてほしいという家庭が出てきました。家庭教師協会などを通さず、ご家庭とのやりとりなので謝礼に関しても全く会社にばれる恐れはありません。

もちろん、確定申告にかかってくるほどの収入にはしないレベルでいったん2件を引き受けることにしました。
といっても高い時給をもらって、成果が出ないとまずいので1時間/1000円で2時間を週2回です。実際のところ、仕事帰りということもあって、もう一人引き受けることはちょっとしんどいかなというところ。近所なので非常にお手軽な家庭教師です。

実際に引き受けたのは中学1年生になってすぐの男の子でした。小学校のころから成績は平均的で中学に入って最初に出遅れたくないので学校の学習フォローをしてほしいというレベル。最初から高いレベルの要求をされても1時間1000円の時給では困ってしまうのですが学校のサポートくらいであれば何とかなるのではないかという思いがあって引き受けました。

いろいろ検討した結果、中学校のレベルにどの程度ついていけるのかが見えなくて、特別な教材は最初は使わず、学校の教科書と問題集を使うことにしました。もともと理解力の高い生徒だったこともあり、ちゅうがうになって初めて取り組んだ英語もまったく問題なし。むしろ、ほかの強化よりも私のフォローがある分、早めに学習が出来るので得意教科になってしまったほどです。

今、1年ちょっとたちますが、各教科ともに平均以上を保っています。親御さんからはちょくちょく受験のことも口にされるようになったのですが、わたしも今はプロではないんでそこまでの責任は負えないということで今以上のレベルを求めるのであれば、塾に通ってくださいということにしています。正直、ちょっとした副業のお小遣い稼ぎのレベルなのでそこまで責任を持つことも難しいと思っています。こうしたレベルでも家庭教師をしてほしいというオーダーがあれば、これからも同じように引き受けたいと思います。

毎月3万円程度のお小遣い、そして中学生に勉強を教える楽しさと非常にバランスのとれた状態です。可能であれば、この調子で継続して家庭教師の副業を続けていけたら非常にうれしい限りです。
会社にも影響なく、過去の自分のノウハウを活用で来る非常に自分にマッチした副業だと認識しています。

家庭教師で月4万円の副収入(30代/男性)

家庭教師の副業をするきっかけとして、基本的には1時間から3時間の範囲内で都合の良い時間で副業ができるからです。私は元々勉強が好きで、頭脳系の仕事に関しては自信を持っていました。

中学生レベルの勉強に対して自信を持っていて、中学や高校の時に各科目で良い成績を収めていた事で知識を生かして家庭教師の業務を本業の合間にしました。時給は基本的に千円以上で、雇用契約を結んだ会社の評価が上がれば時給を上げる事にも魅力がある事で数年以上に渡って仕事を頑張ってきました。

私は週に3回程度各家庭で1時間から3時間程度稼動していますので、稼げる金額は月に平均で4万円程度の副収入を得ています。勤務のシフトは基本的に自己申告制ですので、もっと多く勤務をした時には4万円より多くの副収入を稼ぐこともあります。

家庭教師の副業のメリットは、本業の仕事が終わった夕方以降にシフトを組んでいる事絵で、余裕を持って従事しながら短時間で稼げる事です。家庭によっては、休憩の時間などにデザートなどの差し入れを貰える事も嬉しいです。デメリットはバイクで各家庭を回らなければならない大変さがある事で、特に雨の日などに家庭を回る時は大変な思いをして回りました。交通費は基本的に自己負担ですので、自分で費用を補填します。

家庭教師の仕事の面白さは、子供達に対して勉強を教えるばかりではなくて、時々生活や趣味などの話題を交えてコミュニケーションができる事です。科目に関する知識を教える事で勉強の楽しさを子供に伝えて、科目に関して興味を持ってくれた事にやりがいを感じます。勤務が終了した後には、ケーキなどの差し入れを貰いながら保護者や子供と楽しく会話をする事も面白いです。仕事の辛さとしては、教えてもなかなか理解してくれない点ですが、根気よく教える事で納得してくれる事が多いです。

家庭教師の副業を探す方法としては、基本的には求人サイトや求人誌などで探していく方法がありますが、私は会社に従業員として登録をして好きな時間に業務に従事しています。登録制で雇用契約を結ぶと、都合の良い時間で働きやすいので、運営会社などに登録をしてから好きな時間に家庭教師を行う事で時間を有効的に使えます。上手に仕事を行うコツとして、自分の得意な科目を持っておくと良いです。学生の時に得意な科目があれば、得意とする科目の担当を優先にすると効率よく教えやすいです。大学生や社会人に関係なく勉強の全般の好きな人にとって、労働時間の短さを考慮して家庭教師はとてもお勧めする副業です。