まあ、関係ないけど…

参考と言うか、参考にならないと思いますが、筆者の知り合いにFXで月に数百万円かそれ以上を稼いでいる人がいます。それだけ稼げれば当然それで生活できるのですが、彼は工場で期間従業員をしています。期間従業員もそこそこ稼げますが、せいぜい月30万円程度です。稼ぐ額からするとこちらが副業でFXが本業だと思うのですが、彼の中ではFXが副業らしいです。

FXにかける時間は一日ほんのわずかだそうです。時間をかけて分析することはなく、フィーリングで取引してるそうな。まねできません。

副業で月1000万円という仕事はあまり聞きませんが、やはりFXのような投資系に限られると思います。
アフィリエイトやネットショップでもそれぐらいの利益を得ている人は存在するようですが、副業で、という話は聞いたことがありません。
作業をすべて人に任せて収益を自動化してしまえば、自分で作業する必要はないので、副業として成立するかもしれませんが、本業じゃなく副業にする意味がわかりません。

スポンサーリンク


なお、彼がFXで大金を稼いでいるにもかかわらず真面目に工場で働いているのは、社会との繋がりを持っていたいことと、堅実な収入源も確保しておきたいからだそうです。
たとえ十分な副収入があったとしても、人はそれだけでは行きられないということでしょうか。
生きている限り何らかの不安はつきまといますし、副業1000万円、本業:昼寝、とはいかないようです。
99.9%の人には関係のない話ですが、稼ぎ続けても完全な幸せは手にはいらないという教訓です

まあ、現実味のない1000万円よりリアルに想像できる1万円の方がモチベーションになりますよね。月1万円の副収入があれば何ができるのか…、それを考えることが副業の醍醐味であると思いますし、本サイトの根底でもあります。