私がなぜ内職をしようと思ったのかというと、少し自由になる時間がで出来きたのですが、旦那さんがまだ家にいたほうがよいという方針だったので外には働きにでられなかったからです。
内職なら家にいてもお金を稼ぐことが出来ると思ったところにり合いから内職のお話をいただいたので。また、子どもが小学生になり、習い事などにお金がかかるようになるだろうと思ったいたのでちょうどよいタイミングかなと思いました。

具体的には、紹介していただいた洋服屋さんで購入された商品をお客様の体型に合わせて裾上げやウエストの調整をするお仕事です。お店がお客様から依頼されたものを一週間に一回受け取りに行き、自宅に持って帰ってお直しをします。そして、次の週に商品をお店に届けて納品完了です。
この仕事は知り合いの人から紹介されて見つけました。

単価は洋服によって違いますし、直す箇所によっても違いますが、スカートの裾直し1件で200円くらいです。時給換算すると、月によっても違いますが平均で約500円くらいだと思います。

この仕事の面白さは、元々裁縫が好きなので、子どもの洋服などを縫っていたので好きなことを仕事にしている達成感はありました。

しかし、高価な服を扱うときもありましたので、精神的には少しきつかったです。また、個人のお店だったせいか、商品の受け渡しがあいまいになることがあり、受けた商品の売り上げ単価を間違われたり、納品数を間違えたりされたのはせっかくの仕事が無駄になりサービスで作業したようでありつらかったです。お店の方に伝えても、うやむやにされることが多かったので、その点もストレスを感じていました。

この仕事のコツは、家にミシンがあり、洋服などをある程度縫える人には特にコツはないと思います。しかし他人の洋服なので、丁寧さはとても必要になると思います。また、コツコツと作業を進めていくことと、洋服の管理をきちんとすることが大事だと思います。

他人にその仕事をおすすめできるかというと、大きな会社との契約ならお勧めできるかもしれません。ほかの手内職に比べて単価も高いほうだと思いますし、自分の好きなことを自分の好きな時間で出来るというところはとても魅力的だと思います。

しかし私が経験したお店は個人経営の小さなお店でしたので、糸などの備品も全て手出しだったし、作業体型が確立されてなくトラブルになることもあったので、契約するときにはきちんといろいろなことを事前に決めておくことをお勧めします。私の経験を踏まえた反省点として言えることは、商品の受け渡しや作業単価についてはお互いに紙できちんと確認・管理したほうがよいと思います。

洋服直し・リフォームの内職で月2万円(50代/女性)

私は結婚後も、ずっとパートタイマーで働いていたのですが、40代の頃、心臓の病気をしてから、外へ出て働くのが難しくなりました。
しばらくは家で、療養をしていたのですが、主人の勧めもあり、気分転換に何か作業をしてみてはという事で、内職をする事にしました。
自分は学生時代に洋裁の専門学校を卒業していましたので、手芸や洋裁は好きでした。
できればそのような関連の分野から、始められる内職はないかと思っていました。
最初は、自分で手作りの小物を作って、手芸店に飾ってもらい、売ってもらっていました。
同時に、手芸店で販売している手芸キットを、見本に飾る用につくってほしいと依頼されて作ったりしました。
それからその手芸店の方から、室内で出来る仕事があるのですが、と教えてもらい、本格的に内職を始めました。

具体的には、クリーニング店に持ち込まれた「洋服のお直し」を請け負う内職です。
スカートやパンツの裾上げ、ウエストの調整、ボタンやファスナーの付け替えなどなど、洋服全般を少し縫い繕う仕事です。
また、高級な素材で出来ているセーターやコートなどの、虫食いをきれいに目立たなくする補修もしました。
クリーニング店はチェーン店でしたので、自分の居住している周辺の地域のお直しが本部に集まるシステムでした。
そのチェーン店の本部から「洋服直し、リフォーム」の依頼が来るのです。
意外と、簡単なお直しもクリーニング店に持ち込む人が多いのに気づきました。
内職で直す料金は、1着当たりはそれ程高くはないのですが、一か月に50着程度のお直しやリフォームが来ます。
例えばボタン付けなら私が受け取る金額は、ボタン1個あたり20円~50円程度です。
一着のボタン全てを付け直す作業ですと、150円~200円位になります。
スカートのファスナーの付け替えでしたら1着200円位です。
最も作業が多かったのは、裾上げです。
これは商品により、1着200円~です。
種類が多いのは、コートの虫食いのほつれ直しです。
これは仕上げる難易度に差があり、虫食いの直径が5ミリ位でしたら、200円でお直しします。
それ以上大きい穴は、共布を使うか、別の目立たない箇所の布を切って使うかでその部分を補修する事になりますので、500円~になります。
というように、衣服の種類やお直しの種類により、もらえるお金にばらつきがありますが、一か月にすると2万円程度は稼げました。
ボタン付けなどはほんの数分で出来ますので、時給換算すると割の良い仕事だと思います。
ただ、いつどの程度仕事が入って来るかは分からないので、安定した収入は期待できないと思います。

この仕事の面白さは、自分の趣味・特技を生かして行える仕事だという点です。
手芸が好きな方なら、楽しんでできる内職だと思います。
一方、辛いのは、どうしても手直しできない洋服がある事です。
例えば、布自体が薄くなってしまっている、アイロンの焼けあとが残ってしまっているなど、布地の広範囲にダメージがある時は、洋服をお直しする方法が無いです。
この内職は、洋裁の技術がないとなかなか難しいです。
ただ、完全に室内で作業ができますので、主婦の方にはおすすめの仕事です。
>>内職体験談集および内職の概要ページへ戻る
スポンサーリンク