私は12年前に20歳で結婚をして、仕事を辞め地元を離れて引っ越してきたことをきっかけに、内職を始めました。

うちの主人は結婚当初、妻が外で働くことに反対していたし、早く子供が欲しかったので、在宅でできる仕事はないかと考え、小さい頃実家でやっていた内職が浮かび、市の内職相談に行き、紙工業の仕事を紹介してもらいました。

仕事の内容は様々な種類がありました。初めての仕事は、雑誌の付録で3Dメガネを折りたたんでビニールの袋にしまって封をするというものでした。

その他、大きな仕事でいうと夏の終わり頃からは決まってあったのは、カレンダーの仕事です。卓上カレンダーの場合、15cmの正方形カードのカレンダーを月順に揃えて組み立てた箱にしまって紙封筒に入れるという流れで、この仕事は次から次へと発注され1ヶ月以上かかるの大きな仕事でした。

プレママ雑誌などの付録では、型紙の穴をくり抜いて、両面テープを貼り、ママも赤ちゃんも使える保湿クリームの試供品を付けて袋入れするなどの仕事も季節を問わずよく発注されていた仕事です。

私は車の運転ができないのですが、社長が家まで発注分を届けて納品分の検収をして持って行ってくれていました。

どの仕事にしても単価は1個1円かそれ以下な場合がほとんどです。作業可能な分のみの発注でよかったので、子どもの行事で忙しかったり、体調を崩したり、旅行に出かける時は考慮してくれ、続けやすい仕事でした。

毎回といっていいほど、仕事の内容がちがうのも単純作業だからこそ嬉しいところです。やりなれない仕事がくるということで、時には時間配分を間違えたり、多く発注しすぎて締切に追われ2日徹夜するなんてこともありましたが、基本的には自分のペースでやっていました。

1ヶ月に1週間しか仕事が無いということもあったり、30日休む暇なく仕事が来るという月もあったり波が激しい為、収入にすると仕事が少ない月で2000円前後、仕事が多い月で2万円前後というところです。これは私1人で作業していた場合です。時給にして200円~300円でしょうか。

この仕事を辞めたのは、子ども達が活発になり、作業する場所や、荷物の置き場が無くなってしまった為です。また紙を扱うので、ほこりが多く、息子が喘息をもっていたこともあり辞めることにしました。

小さなお子さんやペットのいる家庭には難しい仕事だと思います。の自分のペースで時間を有効に使いたい場合、単純作業なので、慣れてくればテレビを見ながらでもできる仕事もあってお小遣い稼ぎにはおすすめできます。
>>内職体験談集および内職の概要ページへ戻る
スポンサーリンク