私が内職をしようと思ったのは妊娠がきっかけでした。結婚してから、スーパーでパート勤めをしておりましたが、立ち仕事であること、品出しなど力仕事があること、何よりもショーケースからの冷気で体が冷え切ってしまうことが理由で、早々に辞めてしまいました。妊娠3か月の終わりごろにつわりもおさまり、家で過ごす時間を持ち余してしまうようになり、内職を探そうと考えました。

京都に住んでいるのですが、西陣織をつかった小物づくりなどをしている知り合いに、下請け会社で内職さんを雇っておられるという話をきいたことがあったので、まずそちらをあたりました。しかし、今は人手が足りているとのお返事でした。

そして次にインターネットで「内職 京都」と検索してみました。すると何件か内職募集がヒットし、家から一番近いとこに決め、お電話をしました。来週に説明会のようなものをするのできてください、と言われ当日行ってみると、私のほかに4名主婦の方がいました。お給料は、末締めの翌々月25日払いであること、頑張ってやっても月に3万円くらいが限界だということを聞きました。少しでも家計の足しになるのならと承諾し、その日に1件仕事を持ち帰ることにしました。

それは、お米です。引き出物などの商品となる、300グラムの小さなお米を小さな風呂敷に綺麗に包むといった内容です。1セット50個で、単価が3円。初回なのでまず1セットを持ち帰り、5日後に納品。家に帰りさっそく取りかかってみますが、慣れないので1個包むのに3分ほどかかってしまいます。1時間やって20個包めるか包めないかくらい。時給に換算すると60円です。3時間ほどかけ1セット完成させても150円、さらに1セット重さが15キロもあるので妊婦には不向きでした。

そこで、お米は辞め、なにか違う仕事はないかと尋ねると、次に花札の糊つけをすすめてもらいました。こちらは、1セット49枚、単価が2円。つまり1セット完成させると98円になります。作業内容は、黒い台紙に洗濯糊を刷毛で塗り、花札を乗せ、四辺を綺麗に折り込むというものです。こちらは1セット40分ほどでできました。時給にすると150円ほどです。お米を経験している為、割が良く感じられ1か月で200セットやりました。最低でも午前中に2セット、お昼に2セット、夜に2セットと1日6セットほどしましたが、1時間ちょっとで終わるので、あまり苦になりませんでした。それで月に2000円弱になったので、嬉しかったです。

内職はさまざまな内容の仕事があるので、自分にあうものが見つかりさえすれば、うまく稼げるのではないかと思います。
>>内職体験談集および内職の概要ページへ戻る
スポンサーリンク