短期間ですが、割のいい仕事でした

私は現在宮崎県の中央部に住む20代の主婦です。
去年の秋に第一子となる長男を出産したのですが、子供を育てていくにあたって予想外の出費がかさなり次第に家計が赤字になってしまいました
最初は貯金があったので何とかやりくりできていたのですが、今年の1月ころから貯金も底をつき始め焦りを感じ始めていました。
かと言って、まだ生後4ヶ月の息子を預かってくれる保育園も近くにないし、ましてや就職活動することもできません。
どうすればいいものかと悩んでいた所、私はある仕事を見つけました。それは”ブロッコリーの収穫作業”です。

私が仕事を探していた時に、ブロッコリーを育てている友人がちょうど収穫の時期と言うことで、収穫作業のアルバイトに私を誘ってくれました。
私が住むところは田舎なので、こういった畑作業のアルバイトがたまにあるのが魅力です。とくに農業のノウハウもいるわけではないので、自然と触れ合うことが好きな人は向いているかもしれませんね。
私は昔からおじいちゃんの畑作業を手伝っていたので、この仕事は私にうってつけだと思いました。

さっそく友人から誘いを受けた次の日に、息子を姉に預け3時間の畑作業開始です。
ブロッコリーはよく切れる包丁でどんどん刈っていくのですが、ちょうどいい大きさのブロッコリーを見つけるのも結構むずかしいのです。
また箱いっぱいに刈ったブロッコリーを市場に持っていくのですが、市場によって1個あたりの値段がずいぶんと変わっていくので場所選びは大事です。
また日にちによっても、値段が変わるらしいのですが、さすがに「この日は~円だ!」と予想はできないのであしからず…
私が出荷した市場でのブロッコリーの1個あたりの値段は50円だったのですが、隣町での市場では80円と高めに買い取ってくれていたみたで、後からそれを聞いたときはショックでした。
この仕事を3日した時点で私のお給料は2万円ほどになりました。

先ほども言ったとおり、市場で買い取ってくれた値段によっても私の給料はUPしたりDownしたりするので、いいときには1週間で8万円くらいいったときもあります。
しかしずっとブロッコリーの収穫作業があるわけでもないので、この仕事は1ヶ月程で終わってしまいました。
ブロッコリーの収穫作業は短期でする仕事になるので、長期的な収入は見込めませんが、畑作業は割と融通が利くので育児をしているママさんにはいい仕事だと思います。
このブロッコリーの収穫作業の内職は、田舎ならではの自然あふれる仕事内容でした。