深夜なら効率よく稼げます


居酒屋、レストラン、ファーストフード店などの飲食店スタッフは、学生のバイトとして人気ですが、社会人でも副業で働いている人は少なくありません。
接客と調理に別れますが、時給はほぼ同じです。

飲食店スタッフの時給は、他の仕事と比べると、特に時給が高いということはありませんが、深夜は時給が高くなるので、短時間で効率よく稼ぐこともできるでしょう。

  • どこで仕事を見つけるか?
  • 求人誌やネットで見つけることができます。
    求人数はかなり多いので、条件の良いところをじっくり選びましょう。

  • どれぐらい稼げるのか?
  • 地域によって変わりますが、時給は概ね千円前後、22時以降は25%増しになります。

  • 難易度は?
  • バイトにはそれほど難しいスキルは要求されません。
    ほとんどの求人では初心者OKなので、気後れすることはないです。




会社からは離れた店を選びました(30代/女性)

元々は残業が多い仕事だったのですが、不況で仕事が減り定時で帰れる日が多くなってきました。 楽なのはいいのですが気になってくるのが収入。いままで残業手当で結構もらえていたものが、すっかりと 減り、生活も厳しくなってきました。一人暮らしで家族の面倒を見るわけでもなく、ただアパートに帰って 無為に時間を過ごすのはもったいないので、なにか副業を探すことにしました。

探すにあたっての条件は2つ。まずは会社帰りに働ける時間帯の仕事であること。そして体力的に翌日の本業 にあまり影響を及ぼさない程度の時間だけ働ける事です。この条件で探すと検索に引っかかるのは飲食店。特 にお酒を提供するお店でした。
まぁそれはそうですよね。自分だって仕事帰りに飲みに行ったりするのですか ら。ピークの時間帯だけ人手がほしいという店もありますしね。幸いにも接客は嫌いではないので、飲食店を 中心に副業を探すことにしました。

自分自身の年齢は結構高めなのですが、それでもアルバイトなら割と働き口はあるようです。あんまり会社の近 くだと同僚に見つかってもばつが悪いので、会社の最寄り駅近くではなく、近隣で定期券が使える場所を探しま した。幸いにも都市部勤務なので条件に合ったところは何件か発見。お給料やその他の条件をチェックして応募 する店を絞り込み、何店かに応募。大人向けので少し高級感のあるレストランのようなお店に採用してもらえたのでそこで副業をすることに決定。

飲食店で働くのはいままで経験がなかったのですが、想像以上に動き回る仕事でしたね。本業でもある程度は 動き回るので、体力には自信があったのですが、それとはまた違った大変さでした。プライベートで飲みに行ったりした際に「店員さん遅いなぁ」などと思ったりもしたものですが、今回自分で経験してみたことでどれほど忙しいのか骨身にしみました。ちょっと反省ですね。

後はお客様対応についてです。お酒を召し上がっている お客様が大半なので、色々とご説明差し上げる時に時間がかかって大変なこともしばしば。
仕事をしていて嬉しいと思えるのは、食事を終えたお客様が満足そうな顔で「ごちそうさま」と言ってくれることですね。お酒が入っているせいもありますが、本業ではにこやかにお礼を言ってもらえることはありませんので。

あとはまかないの食事が出たことでしょうか。家に帰って食事をつくることもなく、食費も浮いて万々歳でした。これが飲食店での副業で一番のメリットだったかもしれません。
今のところは人間関係のトラブルといった事もなく楽しく働かせてもらっています。自分には向いていた良い職場な のではないでしょうか。

マクドナルドの夜間クルーで働いてました(20代/シングルマザー)

私は母子家庭です。
22歳で離婚し、子供を2人抱えて実家へ帰ってきました。家族3人で住みたかったのですが両親に反対され、泣く泣く居候の身になりました。
貯金残高がほとんど無く、市役所で相談したら「とりあえず仕事を探してください」と言われました。
急いでハローワークへ行き、仕事を探しました。

なんとか家の近くで仕事が見つかり、まだ乳幼児の子供を親に預け(後に保育園へ入園させる)働き始めました。
しかし、シングルマザーの為中々正社員にはなれず、家に帰れば両親の小言と家事に追われていました。
日々真面目に仕事と家事をこなしていました。よく爆発しなかったものです。
数年後、パートから正社員になることができて一安心。少し心に余裕ができましたがそれもつかの間。
会社が倒産しました。

危ない雰囲気は前々から感じていたので、水面下で転職活動を進めていて無事再就職にこぎつけました。
新しい職場は単調な仕事が多く残業もなかったので、私はダブルワークをして今よりも少しでも多くの生活費を稼ごう!と思い立ちました。
ネットや求人雑誌を読みあさり、昼間の仕事が事務なので全然違うことをして気分転換を図れる仕事を探しました。

結果、自宅から近いマクドナルドの夜間クルーとして働き始めました。
人前が苦手なので、裏方を希望し採用して頂きました。

昼間の仕事は17時まで。帰宅したら18時。家の用事を済ませて、子供を寝かしつけて21時から24時まで週に3,4日働きました。最初は戸惑うことも多かったですが、周りの方はみんな優しく丁寧に仕事を教えてくださり、結構楽しんで働くことができました。
主婦の方もいれば学生の方もいたり、年齢もバラバラ。みんなそれぞれ理由があって働いていたのでしょう。

数か月もすれば慣れてきたので時間も21時からシフトを入れてもらったり、休み前には21時から2時まで働いたりしていました。
夜間料金で時給はよかったのでかなり生活費の足しになりました。その頃は通帳を見るのが楽しかったです。

1度、アルバイトの男の子に「そんなに必死に働いてどうするんですか?」と聞かれましたが、「生活費の為」と答えたら若干引かれました。
学生さんは遊びに使うお金がほしくて働くんですものね。
夜は人が昼よりも少なくなるので重いものを運んだり高いものを持ったりなども自分1人でやることが多く、2年ほど働いた時についに腰を痛めてしまいました。
無理がきくのも若いうちだけ。身をもって実感しました。

お金を稼ぐのは大変です。でも色々なことを経験できてよかったと思っています。
何より、子供に我慢をさせずに済んだのは大きかったです。
今の私は正社員で働きつつ、ネットで副業を探しています。