【副業参考:鳥取県の市町村一覧】
鳥取市 岩美郡岩美町 八頭郡若桜町 智頭町 八頭町 倉吉市 東伯郡三朝町 湯梨浜町 琴浦町 北栄町 米子市 境港市 西伯郡日吉津村 大山町 南部町 伯耆町 日野郡日南町 日野町 江府町

ランサーズなどのクラウドワーキングや、FXなどのネット系の副業であれば、全国どこでも条件の差がないので、本県特有の事情というのは存在しません。
なので、ここではネット系以外のバイト系副業について述べていきます。

最低賃金は10年前の東京都と同水準

本県の平成29年度最低時給は738円と全国36位と、最下位の沖縄県などに比べて1円だけ高い全国的には最下位レベルです(最高は東京都の958円、最低は沖縄県などの737円)。
しかし、738円といえば10年前の東京都とほぼ同じであり、考えようによってはそう悪くはありません。

全国的に近年の最低賃金の上昇はめざましく、平成19年の本県の最低賃金は621円だったのに対し、10年で117円も上昇しています。
特にこの3年では毎年25円程度上昇しているので、3年もすれば800円を超えていると思われます。

求人探しですが、従来はアルバイト求人誌や新聞広告などがメインの方法でしたが、最近ではPCやスマホで見られる求人サイトが人気です。
職種、時給、勤務先などの条件を入力すれ簡単に希望の求人が見つかります。

求人サイトにも色々種類があるのですが、アルバイト求人に強くて知名度の高いサイトを紹介します。

バイトル

(URL:http://www.baitoru.com/chushikoku/jlist/tottori/)
バイトルは個人的には一番おすすめのサイトです。

バイトルには仕事内容にくわえて職場の雰囲気、例えば静かか賑やかかについてなども表示があるので、働く環境重視の求職者には特に使いやすいと思います。

なお、バイトルで県全体の求人を調べてみると470件がヒットして、平均時給は940円と出ました(平成29年9月某日)。
求人数、平均時給ともに全国下位です。
しかし、鳥取市などの市街地ではそれほど状況は悪くありません。

フロム・エーナビ

(URL:https://www.froma.com/tottori/)
バイト情報誌として長い歴史を持つフロム・エーのWEBサイトがフロム・エーナビです。
求人検索だけでなく、地域のバイトの状況なども掲載されている情報サイトです。

フロム・エーナビで検索した本県の求人件数は地区ごとに以下の通りです(平成29年9月某日)

鳥取県東部:173件
鳥取県中部:52件
鳥取県西部:166件

全般的に求人は少ないですが、鳥取県は全国で最も人口が少ないため、求人の取り合いになるケースは少ないと考えられます。

an

(URL:https://weban.jp/chugoku-shikoku/pft_tottori/)
フロム・エーと同じぐらい知名度の高い「an」ですが、フロム・エーと同様にWEBサイト版もあります。
本県の求人件数は379件でした。なお、平成23年にチェックしたときには70件だったのでかなり増加している状況です。

以前に比べて求人自体が増えた、ということも考えられますが、近年の深刻な人手不足から、なかなか求人が埋まらず、求人が積み重なっていることが主な原因と考えられます。
理由はともあれ、労働者が有利な状況であることは間違いありません。

タウンワーク

(URL:https://townwork.net/tottori/)
タウンワークは駅構内などで無料で置いてある求人誌ですが、WEBサイト版もあります。最近ではテレビCMもあって、知名度はフロム・エーやanを超える勢いです。

タウンワークで本県の求人を検索すると1,269件ヒットしました。
職種ごとでは

販売:272件
飲食/フード:242件
軽作業・工場製造:137件

がトップ3となっています。
鳥取市や米子市などでは販売や飲食店の求人も少なくありませんが、その他の地域だと工場関係の求人がメインとなってきます。

<鳥取県の副業のまとめ>

本県の最低賃金は全国最低レベルですが、年々額は上がっています。
求人数は少ないものの近年急増しており、副業をする状況は年々良くなっています。

しかしながら、求人の少ない地方もあり、求人の多い市街地までのアクセスが悪いならネット系の副業を検討してみてはどうでしょうか。

本サイト人気記事

No.1 月収1~2~3~5~10~100万円のオススメ副業
No.2 アフィリエイト
No.3 メールレディ
No.4 FX
No.5 副業で月3万円
スポンサーリンク